シャッター修理でお困りの方は、どのメーカーよりも安い自動ドアメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どのメーカーよりも安い自動ドアメンテナンス

ブログ

自動ドアのセンサーのチャイムの種類とおすすめの商品

自動ドア修理の豆知識
更新日:2020/05/02

  • 自動ドアを人が通ったらチャイム・音で知らせてほしい

今回はこういった想いを持っている方向けに解説をしていきます。

お店を一人や少人数で切り盛りしていて、人が入ってきたことに気づかないことがあってチャイムで知らせてほしいと思うことはないでしょうか?

そこで今回は次のテーマで解説をしていきます。

  • 自動ドアで察知するチャイムとは
  • チャイムの種類
  • 各タイプのチャイムのおすすめの商品

チャイムは自動ドアだけでなく、玄関や階段などさまざまなところにつけることができます。

使い方によっては防犯対策として使うことも可能なので、チャイムを使うか検討している方は是非参考にしてみてください。

自動ドアのセンサーのチャイムとは?

冒頭でも書いていますが、自動ドアのチャイムとは何なのか?からまず解説をしていきます。

自動ドアのチャイムは一言でいうと、センサーが来客に反応して無線で離れた場所にチャイム・音で知らせるものです。

特徴として下記の点があります。

  • センサーは入口・玄関・自動ドア・エレベータの出入り口・階段などに設置できる
  • 雨のかかる屋外でも設置することが可能
  • センサーが反応するとチャイム音、光、フラッシュ、バイブレーション、番号表示などで知らせてくれる

自動ドアで使う場合は、特に一人で経営しているお店には有効と言えますね。

自動ドアのセンサーのチャイムの種類

チャイムの役割は上記で解説した通りですが、チャイムの種類は大きく次の3つに分かれます。

  1. 自動ドアが開くとお知らせするタイプ
  2. 自動ドア付近の人の動きに反応するタイプ
  3. 人が通過すると反応するタイプ

それぞれどういう風にお知らせをしてくれるのか解説をしていきます。

各々のメリットとデメリットを紹介していきますので、どのタイプが良いか確認しながら見て頂ければと思います。

種類1.自動ドアが開くとお知らせするタイプ

一つ目のタイプは自動ドアが開くと同時にお知らせをしてくれるタイプです。

メリットとデメリットは下記の通りとなります。

メリット
  • 価格が安い
  • 動作がわかりやすい
  • 調整が要らない
デメリット
  • 耐久性がすこし低い
  • センサーが電池専用
  • 電源スイッチがない

種類2.自動ドア付近の人の動きに反応するタイプ

続いて二つ目は自動ドア付近の動きに反応するタイプで、メリットとデメリットは下記の通りです。

メリット
  • 取り付けや設定が簡単
  • 電池とAC100Vの2電源に対応
デメリット
  • 感知範囲が1.8メートルほど(ものによる)

種類3.人が通過すると反応するタイプ

三つ目のタイプは人が通過すると反応するタイプで、メリットとデメリットは下記の通りとなっています。

メリット
  • 感知範囲が限定されるため誤報が少ない
  • 最大5メートルほどの間口に対応している(ものによる)
デメリット
  • 設置と設定が難しい
  • 太陽光の影響を受けやすい
  • 100Vの電源が必要

 

自動ドアのセンサーのチャイムの代表的なアイテムを紹介

ここまで自動ドアのチャイムについて、

  • 役割
  • タイプ別のメリットとデメリット

を紹介してきました。

実際に自動ドアにチャイムをつけたいという方はどこで購入できるか気になっているかと思います。

チャイムはネットショッピングやホームセンターなどで購入することができますので、各タイプでおすすめな商品を5つ紹介していきます。

自動ドアが開くとお知らせするタイプ

リーベックス(Revex) チャイム ドア 窓用 アラーム ドア・窓チャイム 【選べる16種類の音・音量調整】 ホワイト HSA-M4W

引用元:Amazon

  • 16種類のチャイム音
  • サイズ:W3×H12.7×D1.4cm
  • 電源:単4形アルカリ電池×2本(別売り)
  • 感知範囲を調整できる

自動ドア付近の人の動きに反応するタイプ

リーベックス(Revex) ワイヤレス チャイム Xシリーズ 送受信機セット コンセント式 ナイトライト 人感チャイム セット 白 X255

引用元:Amazon

  • 16種類のチャイム音
  • サイズ:W6.4×H8.3×D5cm
  • 電源:送信機/単4形アルカリ乾電池×3本(別売り)、受信機/AC 100V 50/60Hz・消費電力2W
  • 感知範囲を調整できる

リーベックス ドア周り防犯用品 ホワイト 本体サイズ:4.6×2.3×H7.4cm

引用元:Amazon

  • 16種類のチャイム音
  • サイズ:W4.5×H7.4×D2.4cm
  • 電源:DC4.5V or 単3形アルカリ電池3本(別売り)
  • 感知範囲を調整できる

人が通過すると反応するタイプ

電池切れの心配無しプラグイン受信機対応・赤外線ビームセンサーチャイム・X90-200

引用元:Amazon

  • 14種類のチャイム音
  • サイズ:W7.7×H8.7×D5.7cm
  • 電源:ACアダプター(X0505)
  • 監視範囲は最大8メートル

リーベックス ドア周り防犯用品 ホワイト サイズ/6.3×9.6×3.3cm

引用元:Amazon

  • 16種類のチャイム音
  • サイズ:W6.3×H9.6×D3.3cm
  • 電源:DC4.5V or 単3形アルカリ電池3本(別売り)
  • 感知範囲を調整できる

 

まとめ

今回は自動ドアのチャイムについて、次のテーマで解説をしてきました。

  • チャイムを使用する目的
  • チャイムの種類
  • おすすめなチャイム

特に一人で経営しているお店、チャイムにより防犯対策をしたいという方にとってチャイムを利用して音で知らせてもらうのは効果的ということで紹介をしてきました。

基本的に自分で設置することが可能なので、各メリットやデメリットを考慮の上で設置場所に合ったものを設置して頂ければと思います。

The following two tabs change content below.
木村 尊

木村 尊

自動ドアメーカーから転職して現職へ。自動ドアの設置や修理業務を行いながら気づいたことを記事にしていきます。出来るだけわかりやすく書こうと努力してはいますが、よくわからないことがあったらメールで質問してください。
木村 尊

最新記事 by 木村 尊 (全て見る)


プライバシーポリシー